猫が匂いを嗅いだ後に口を半開きにするのはなぜ?

猫が匂いを嗅いだ後に口を半開きにするのはなぜ?

臭い足の裏の匂いを嗅いだ後、猫は口を半開きにしていることがあります。

少しだけ口を開け、上唇をあげて上顎の歯をむき出しにし、目をやや細めています。

これって、匂いの酷さに気を失いかけてるの?とおかしくなったりするのですが

そうではないらしいのです。

これは、フレーメンという行動で、人間や動物の体臭のついたものの

匂いを嗅いだ後に見られる行動らしいです。

この記事では、以下のポイントについてお伝えしています。

  • 猫のフレーメン行動について

フレーメンって何?

猫は、鼻からだけではなく、口からも匂いを嗅ぎ取っていて

それをフレーメンというのです。

口からも匂いがわかるってすごいですよね!

人間にはない機能です。
口から匂いがわかるなら、食べ物を食べている時にいい匂いがして

たまらないのではないでしょうか?

でも、臭い食べ物だったら、たまらないかも。

くさやとか、ドリアンとか。

とてもじゃないけど、食べられませんね。

ヘレーメンはなぜするの?

猫の口蓋(こうがい。口の中のアーチ型をしている部分)の前歯の付け根あたりに

小さな穴が2つあり、ヤコブソン器官というところへ繋がっています。

これが、口の中の鼻の穴に当たるわけですね!

ヤコブソン器官というのは、嗅覚器官ではありますが

この器官からの信号は、神経経路により、脳の副次臭葉というところへ向かいます。

人間は退化していますが、猫はここが発達していて、匂いを口で嗅ぐことができるのです。

人間って、なんでもできる気がしますけど

猫に比べたら退化している機能が沢山ありますね。

爪も尖ってないし。

狭い塀の上も歩けないし。

猫って、やっぱりすごいですね〜!

猫は、その口の中の二つの穴から取り入れられた匂いの分子は

鼻からの匂いとは別のルートを通って脳に伝えられます。

鼻とは違うルートなので、感じ方も違います。

このヤコブソン器官に匂いの分子を取り入れるために口を半開きにしているのです。

フレーメンは、猫だけではなく、ウマやウシ、ヒツジ、ハムスターなどにも見られます。

ウマのフレーメンは動作が大きいので、よく目立ちます。

唇がめくれあがり、まるで笑っているかのように見えたことはありませんか?

ひひひんと言いながら、笑っているところをよく見ます。

それが、ウマのフレーメンです。

本来は、異性の尿などに含まれるフェロモンを感知するためのものだと考えられていますが

飼育されている動物では、他の匂いにも反応します。

フェロモンって、本当に存在しているのですね!

人間以外の哺乳類は、口の中でフェロモンを感じて、異性に魅力を感じるわけです。

人間はヤコブソン器官は退化していますから、フェロモンって感じないのでしょうか?

よく、人間の世界でもフェロモンって言いますけどね〜!

猫のフレーメンも、いろんな匂いに対して起こりますが

食べ物の匂いに関しては起こることはありません。

やっぱりフェロモンに間することに反応するのでしょう。

ある種の匂いに対する反応だということは確かなのですが

詳しいことはわかっていないのです。

猫には不思議がいっぱいですね!

最後に

決して臭いから行なっているわけではないので、お父さんの靴下の匂いを嗅いで

フレーメンをしたからといって、お父さんを責めないであげてくださいね!

決して臭いわけではないのです!←たぶん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする