ノルウェージャンフォレストキャットは飼いやすく性格の良い猫

ノルウェージャンフォレストキャットは飼いやすく性格の良い猫

我が家の長女オリビアはノルウェージャンフォレストキャットです。

どっしりと構えている様で、甘え好きな子です。

うちでは、初めて飼ったのがノルウェージャンフォレストキャットでしたが

とても飼いやすい猫だと感じました。

今回は、そんなノルウェージャンフォレストキャットを紹介します。

この記事では、以下のポイントについてお伝えしています。

  • ・ノルウェージャンフォレストキャットの飼いやすさについて

ノルウェージャンフォレストキャットの起源

ノルウェージャンフォレストキャットは、

ノルウェーの極寒の森林で自然配合から派生した猫といわれています。

メインクーンの先祖とも言われています。

ノルウェージャンフォレストキャットの伝説

ノルウェージャンフォレストキャットは神話にも登場しています。

女神フレイヤの車を引いていた猫がノルウェージャンフォレストキャットだったとか。

雷神トールでさえ持ち上げられないほど大きく重たかったとか。

神話に出て来る猫って夢がありますよね!

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

とても穏やかで温厚で我慢強い性格です。

鳴くことも少なく、子供や他の猫に自分から近づいて接する優しさを持っています。

うちのオリビアは、甥っ子や新しく来た猫の面倒の面倒をよく見ていました。

子供って突然叩いたりする事がありますよね?

オリビアは叩かれても反撃もせず、逃げもせず相手をしていました。

心の余裕を持っているんでしょうね。

ノルウェージャンフォレストキャットの大きさ

大型の猫で、オスだと8kg前後メスだと5kg前後になるそうです。

我が家のオリビアが5kgなので、メスとしては大きい方ですね。

ノルウェージャンフォレストキャットの猫毛

防水効果のある硬めの長いロングコートと呼ばれる毛が全身を覆っています。

ロングコートは、硬めの毛なので、毛玉になりにくく、ブラッシングもしやすいのが特徴。

ロンゴートの中に短めの柔らかい毛が生えていて、この毛が体温の低下を防ぎます

2種類の毛が生えているので、ダブルコートとも言われています。

寒い冬にはめっぽう強く、他のどの猫よりも暑がりです。

逆に、夏場はバテ気味になることも。

なので、夏場の暑さ対策はしっかりと考えてあげる必要があります。

室温調整や、ひんやりシートの様なものを準備してあげましょう。

100均などで売っている、大理石プレートなどを敷いておくと、喜んで乗っています。

ペットショップに行くと、ペット用の暑さ対策商品でアルミ板などが売られています。

オススメですよ。

ノルウェージャンフォレストキャットの体格は

がっしりとした体格で、同も足も長く、とても力があります

ジャンプ力も高く、人の背の高さくらいジャンプする事も。

足場がないのにエアコンの上にいることもありますよ。

遊ぶことは大好きで、一度遊びだすと

持ち味のジャンプ力とダッシュ力で空間全体を使って遊びます。

遊んであげるときは、周りをしっかりと片付けておきましょう。

高低差を作ってあげると、とても喜びますよ。

ノルウェージャンフォレストキャットの飼いやすさ

とても賢く、子供の相手も得意です。

忍耐強いので、じっくりと子供の相手をしてくれます。

子供に少々叩かれても動じません

他の猫の面倒見も良く、何かトラブルを起こしている猫がいれば、

真っ先に飼い主に知らせて来るほどの世話焼きの一面があるような子もいます。

ただ、忍耐強いがゆえに、ストレスを溜めやすいみたいです。

オリビアも我慢しすぎてストレスを溜め込んでしまうことがあります。

血便が続いた時期があって、医師の診断ではストレスが原因だと指摘されました。

適度にストレスを抜いてあげると良いと思います。

名前もすぐ覚え、呼ぶと返事をしながらやって来る様になります。

うちのオリビアは、ご飯が欲しい時とかは「ごにゃん」と喋る様になりました。

こんなに魅力的なノルウェージャンフォレストキャット、オススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする