猫が箱や紙袋に入りたがるのはなぜ?

猫が箱や紙袋に入りたがるのはなぜ?

猫はダンボールや紙袋が大好きですよね。

うちの猫たちもダンボールが大好きです。

見かけないと思ったら、ダンボールの中で寝てるのをよく見かけます。

猫って、どう考えてもせまいでしょ!っていう様な小さい箱にも入ろうとします。

広くてゆったりした方がのんびりできるのに、何故なんでしょう。

今回は、そんな猫の習性についてお伝えします。

この記事では、以下のポイントについてお伝えしています。

  • 猫が箱や紙袋を好きな理由
  • 猫が好むサイズの箱とは?

猫はなぜ箱や紙袋に入りたがるのか?

野性時代の猫は、木や岩場の隙間などに入り込んで寝ていたそうです。

そして、そこはせまい方が安心できた様なのです。

なぜなら、そこが狭ければ、自分より大きな動物が入ってこないからだそうです。

なので、猫は、せまいところに入った方が安心できるのです。

でも不思議と野良猫って道路の真ん中で寝てたりするんですよね。

飼い猫になった今でも、これは習性として残っているそうです。

せまいところに窮屈そうに寝ていたり、穴ぐらの様な場所を見つければ

どうしても入らないと気がすみません。

ダンボールだけではなく、紙袋もそうでうよね。

よくみてみると、猫が野生の頃に寝ていたであろう穴ぐらに似ている様な気がします。

また、猫は、昨日やったことは今日もやるという習慣があります。

昨日やってみて安全だったら、今日も安全!だからここで眠る!という習性があるのです。

なので、子猫の時に入って安心できた小さな箱に

大きくなっても窮屈そうに入ったり、挙げ句の果てに箱を壊したりするのです。

そんな猫を見ていると、可愛くて仕方ないですよね!

猫が好む箱のサイズは?

猫が野生の時、自分の体にフィットした場所で寝て

自分より大きな動物が入ってこない様にして安心感を得ていたことを考えると

猫の体がちょうど入る様な箱を好むのではないかと考えられます。

紙袋も、猫の体がちょうどすっぽりと入るサイズなのでそうです。

箱とかを置いといたら、猫が自分で勝手に選んで入るので

様々な大きさの箱を置いといて、猫に選ばせてあげてもいいと思いますよ。

うちの猫たちはダンボール箱が大好きなので

部屋には色々なサイズのダンボールがたくさん置いてあります。

そこで快適に眠れる様に、ダンボールにはクッションを敷いてあるのですが

うちの猫はその時の気分によって、寝るダンボールを変えています。

ダンボールは、蓋は閉めて、出入り口用の穴を開けてあげると猫は喜んで入ります。

入り口には布なので暖簾の様なものをつけてあげています。

そうすると、猫としては、隠れている感が増すのか、好んで入っています。

ダンボールには、クッションを敷いてあるものと、敷いてないものを

それぞれいくつか置いてあります

飼い主としては、クッションが有ったほうが寝やすいと思うのですが

クッションを敷いていないダンボールでスヤスヤと寝ていることもあります。

猫は、ダンボールの感触が好きなのかもしれません。

まとめ

猫がせまい箱や紙袋を好むのは

野性時代に安心を得るための習性が残っているからです。

猫が安心して眠れる小さい箱を用意して

猫が窮屈そうに寝る姿を見て癒されるのはどうでしょうか?

きっと可愛い姿を見せてくれると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする